読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昔から感謝の言葉を言うのが苦手で今でも言えない。自分の気持ちを相手に伝えるのは昔から苦手だったが、感謝だけは今でも克服出来ていない。

なので代わりに謝罪の言葉を使う時が多い。おかげで人生謝ってばかりだ。

でも最近はそれすら出来なくなっているかもしれない。感謝、謝罪、激励、感動、憤慨etc…感情を表に出すのが苦手でそれが時を重ねるにつれて悪化してきている。

心の奥底では申し訳ないと思っていても、それが相手に伝わらずに人からの評価を下げてしまう。その繰り返しで自分は価値の無い人間になってしまうのだ。血も涙も無い人間だと思われているかもしれない。だが心底は涙すら枯れ果て血を流している。