読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スクールガールストライカーズ Animation Channel 第一三話「決戦!フィフス・フォースよ永遠に」

強引な終わらせ方だったが良い最終回だった。しかし説明不足でゲームをプレイしていない人にはよく分からなかったかもしれない。

あの猫はなんだったのかと言うと、実はゲームのプレイヤーの分身なのだ。筆者もアニメでは警戒心の弱いただの猫かと思い、ゲームの設定とは無関係と思っていたのでこの演出には驚いた。

 

今までのギャグ回でのネタが最終回でも活かされているのも悪くない。前回でも有ったが釣り回でのぬしオブリを座標の特定に使ったり、雪山のイエティオブリが今回の現実世界へのオブリ侵略の前触れだったり、特にチーム対抗戦のアルタイルストームが決戦での必殺技に使われたのには謎の感動があった。

最後の最後までノリで突っ走ったアニメスクスト。アニメにはアニメのノリがあった。

スクールガールストライカーズ Animation Channel 第十二話「急転!消えた三姉妹」

今回は完全にシリアス回。

一話丸々使ってモルガナの最終目的や椿芽の過去などが明かされた。中には孤児院の裏や五稜館学園の設立などゲームでは明かされていない設定も明らかになり、ギャグパロで滞っていたトーリーが一気に進んだ気がする。(まさか釣り回のヌシオブリが伏線になるとは思ってなかった)

それどころか現実世界に妖魔が送り込まれるという原作ゲーム以上に最悪の展開となった。

フィフス・フォースはこの状況をどう打破するのか?次回最終話!!乞うご期待。

スクールガールストライカーズ Animation Channel 第十一話「戦慄!大雪山に未確認生物を見た」

またネタ回か

風呂での裸を他のキャラクターに隠させたり、探索が割とガチだったり

メンテ延長とアニメがゲームをネタにしたりと釣り回のノリが再び戻ってきた

ような気もした。

しかしちゃっかりアルタイル・トルテの成長を描いたり。モルガナが再び動き出したりとメインストーリーは少しづつだが進んではいる。

次回で終わりかと思っていたが、あと二話残っているらしい。もうスクストアニメも終わりか。楽しかったなぁ。

スクールガールストライカーズ Animation Channel 第十話「参上!孤独の騎士」

ついにオディールとの決着が付いたと思えば、うやむやに。

しかし田中幸子がフィフス・フォースの面々と接点を持った事により、やや味方よりになった。

ゲームでは降神三姉妹同様とうに味方になっているため、敵のままではよくなかったのだろうか。

残り二話だが次回はどうやらギャグ回っぽい?前回であから、今回で陽奈にスポットライトが当てられたので、次回は小織が出番だろうか。UMA絡みとなると雪枝が黙っちゃいないだろうし。

スクールガールストライカーズ Animation Channel 第九話「青春!紅の決闘」

ゲームでは唐突に編入してきた降神三姉妹だったが、アニメではちゃんと経緯が明らかになった。

作画も前回に比べると格段と良くなり、一応シャワー(?)ノルマも達成されている。

ノリで敵キャラとの和解をしつつ、椿芽の過去を掘り下げる、ギャグとシリアスを両立させた展開は流石だ。プディングのメンバーの動きも良かったし。

次回でオディールとの決着が付くのだろうか。